So-net無料ブログ作成

また痙攣の薬、変更です [痙攣]

えー、毎回のように血液検査。
血中のバルプロ酸の濃度を上げたいのに
あがりませんねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]

またまた記録を兼ねた記事になるので
「なーんだ、ボケはないの?」
と思われるかしら[あせあせ(飛び散る汗)]


デパゲンの有効血中数値は50-100、
先生は100に近づけたいのですが、
50をちょっと超えた程度。
で、デパゲンの量を
体重あたり処方できる目一杯処方し、
補助的にイーケプラを使うようになって…

今回の血液検査の結果、
バルプロ酸、51.2。
ほぼ前回とかわりなし。

先生の決断は、薬の変更です。
デパゲンシロップを中止し
セレニカR顆粒40%を使用することになりました。

デパゲンは半減期が短く
セレニカR顆粒は半減期が長いので
有効濃度をキープできれば…です。


で、初めてのお薬なので
薬局でしっかり説明を聞きました。

まず、紙のお薬袋の中から出て来たのは
ジップタイプのビニール袋。
乾燥剤が薬と一緒に入っていることにビックリ!
袋から出して1ヶ月放置していると
湿気でしっとりした、と別の患者さん談、みたいよ?
薬の保管方法には注意が必要みたいです。

腸で溶けるようにコーティングしてあり
投薬時に水に溶いても
顆粒状態で溶けないらしいです。
投薬する時は、りんちゃんはマーゲンチューブを通過するか…

大丈夫らしいのですが、念のため
他の薬より優先で、1番に投薬した方がいいみたい。
ラックビーとかの乳性の薬や
シロップ系の糖質の薬と一緒、
もしくはそれらの薬の後で投薬すると
チューブ内に残っていた場合
セレニカR顆粒が張り付いて
目詰まりの心配もないわけではないみたい[あせあせ(飛び散る汗)]


土日で痙攣発作がちょこちょこあった為
補助的に使っているイーケプラの量が
倍に増えました、抑制できるといいのですが…


お薬説明のプリントは
先ほど訪問看護師さんが事務所に一旦持ち帰りました。
ネットで薬の説明を検索してみたのですが…

「てんかんやてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)、
 躁病および躁うつ病の躁状態の治療や片頭痛発作の
 発症抑制に用いられます」
ふーん、ってことは?

りんちゃんが時折
「何すんのよーーっ[パンチ]」っと
一瞥の眼差し、ちらっとチラ見、
時々してますが、どうなるぅ?
いやいや、あれは感情表現であって
てんかんに伴う性格行動障害ではないので
今後も継続でしょう[exclamation&question]


昨夜は、2時半頃に眠り、
3時半頃から痰ゴロゴロで起こされ、
4時半頃まで数回起こされ[眠い(睡眠)]
5時前の目覚ましは、2回止めた覚えが[たらーっ(汗)]
で!
結局6時前に慌てて飛び起き
予定より20分遅れて出発しました (。-´ェ`-)シュンシュン

明日は目的地は異なりますが
スケジュールはほぼ一緒、
明日こそはっ ゚。*★ガ ン (o`・ω・)o バ ル★*。゚
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

誠也ママ

うちもデパケンからセレニカRに変わりましたよ もう随分前ですが
確か私はセレニカだけ口からあげたりしてたかも?忘れたなぁ 詰まったからかな?
今はフェノバールとハイセレニンだから
セレニカは缶に乾燥剤入れて保管してました
確か便にセレニカって出てきますよね?
私の記憶力悪過ぎだなぁ(笑)
by 誠也ママ (2013-06-16 20:53) 

ぐうた

いえいえ、すごい記憶力だと思いますよ!
今フェノバール服用ですか?
活動性ダウン&痰の分泌増を懸念して
フェノバールからデパゲンに切換えましたが…
薬の選択&調整って、ちょっと面倒ですね⁉
by ぐうた (2013-06-16 23:57) 

誠也ママ

薬も種類たくさんあるみたいですね
調整ホント難しい

小学生くらいからかな
フェノバールですが痰増えた感じはなかったです
あんまり違いわかんないや(^_^;)
先生が出されるまま
デパケンは液体でベタベタしてイヤだった(笑)赤ちゃんの最初の頃飲んでました(^^)/

by 誠也ママ (2013-06-20 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0